ブルーレイ袋の通販

大好きな映画、コンサート画像などを高音質・高画質なブルーレイディスクで楽しむなら、専用のOPP袋でパッケージごと長く保存しませんか?せっかくハイビジョン撮影した思い出の映像も、月日がたつと傷や汚れで劣化してしまうもの。弊社はBD(ブルーレイディスク)専用の透明袋の販売を激安価格でお届けする直販店です。美しく永く保存する方法と、最新情報をお届けします。

ブルーレイ袋でパッケージごと綺麗に保存

陳列方法に合わせたOPP袋を使いましょう!

ブルーレイの保管・陳列方法はさまざまです。ジャケットの前面が見える置き方、背表紙が見えるように並べる方法などです。OPP袋もその陳列方法に応じて2タイプありますよ。背表紙を見せる陳列方法ならヨコ入れタイプがおすすめです!綺麗に見えますよ。

ブルーレイディスク用のOPP袋を使いましょう!

ブルーレイディスクが主流になってきています。テレビの大型化、画質の向上、そして価格がリーズナブルになってきたことなどが要因です。ブルーレイのトールケースはDVDとは違いますので、保管用のOPP袋も専用のOPP袋を選ぶようになさってください!

使いやすさに配慮しました!

ブルーレイディスクを保管するためのOPP袋は、保管方法だけでなく使いやすさにも配慮されています。静電気防止加工で剥離紙が手につきにくくなっています。ディスクの封入作業から普段の使用に至るまで、使いやすいOPP袋をぜひお試しください!

OPPフィルムは大切なものをしっかり守ります!

OPP袋はブルーレイディスクを保管する最適な方法です。素材であるOPPフィルムは水分を一切通さず、カビを発生させません。ほこりや汚れからも守ってくれますが、さらにその独特の光沢は中身のジャケットを一層美しく引き立ててくれますよ。

管理方法に合わせて2タイプご用意しました

ブルーレイディスクの保管方法はいろいろあります。表紙を見せる保管方法、棚に入れて背表紙を見せる方法などです。OPP袋を使って保管する際、表紙を見せるならタテ入れ、棚に入れるならヨコ入れだと綺麗に見えますよ。保管方法に合わせてお選びください。

ハイビジョン放送の美しさにも対応できるのがブルーレイです

最近の放送はハイビジョン放送が多くなりました。美しい映像ですが、その分容量も大きくなります。ブルーレイディスクなら大容量でもしっかり対応できますよ。そして収録したブルーレイディスクはジャケットに入れ、OPP袋でしっかり保管なさってください!

ジャケットサイズにぴったりのOPP袋が良いですよ

OPP袋はカビの発生原因である湿気を通しません。ほこりなども防いでくれますが、ジャケットサイズにぴったり合った袋である必要があります。余りの部分が破れて湿気が入ったりしますから、ぴったりサイズかどうかよく確かめた上で使用なさってください。

ブルーレイディスクは正しく保管しましょう!

ブルーレイディスクは保管方法で使用できる長さが大きく変わってきます。よくありがちな不織布ケースだと、印刷面に凹凸が転写されて再生されない危険があります。そのためブルーレイ・DVDディスク用のケースに入れてOPP袋で保管するのが一番最適です!

DVDとの画質の違いを楽しんでみてください

より綺麗なものを楽しむ時代、映像も同じです。ブルーレイディスクはDVDとの画質の差が歴然としており、大型テレビで観ても鮮明さが変わりません。そんなディスクをカビなどから守ってくれるのがOPP袋です。カビの原因である湿気を防いでくれます。

4k映像が収録されるのはブルーレイディスクだけです

最近4k映像が注目されるようになっています。今までのブルーレイディスクに収録されているサイズの倍の映像データのことで、非常に鮮明で美しい映像になっています。そうした美しい映像を収めたブルーレイディスクはOPP袋で保護してあげましょう!

サブコンテンツ